自分史、自伝、自叙伝の作り方

個人出版や自費出版は当たり前。もしかしたら、商業出版だって…。ケータイ小説家デビューも夢じゃありません。

自分史、自伝、自叙伝の準備

現地取材で自分史用の資料を集める

投稿日:

資料集めの方法は様々ですが、ぜひ試してほしいのは、自分に関わりのあった場所を再訪してみることです。

たとえば、子供のときによく遊んだ地元の山があれば、そこをもう一度訪ねてみましょう。

「小さいころ遊んだときは、随分大きな山のように感じたけれど、意外とこぢんまりしていたんだなあ」と、自分の思っていたイメージと現実の姿とが違っていて、子供のときの体験がよりいっそう印象深く思い出されるかもしれません。

 

また、実際に現地を訪ねたことによって、自分史に書こうと思っていた事実のなかに誤りがあったことに気づく場合もあるでしょう。

よく通った駄菓子屋が学校のすぐそばだと思っていたら、実はそこから200メートルほど離れた公園の前だったというように。

記憶は案外とあてにならないものです。

 

事実を客観的かつ正確に記録したい場合には、こうしたフィールドワークは欠かせません。

自分の記憶に疑問がある場合は、積極的に現地取材を行うとよいでしょう。

パソコンの前で悩むより、旅に出てしまうのです!

 

Ad

Ad

-自分史、自伝、自叙伝の準備

執筆者:

関連記事

自分史の材料に親戚などに思い出話を聞く

自分史の材料集めには、昔からの友人・知人や親戚などに会って思い出話を聞くという方法もあります。 たとえば、子供の頃、一緒にいたずらをした悪友たちや、両親の実家に遊びに行ったときよく面倒をみてくれた年上 …

自分史に使う写真はデジタルカメラを活用する

「自分史の材料として、飼い犬の写真をのせたいけれど、手頃なものがない。新しい写真を撮らないと……」。 このような場合、もし可能であればデジタルカメラを使ってみましょう。   デジタルカメラで …

自分史のための情報収集にインターネットを活用する

自分史で新たに必要な情報を入手したい場合に、ぜひ、活用してほしいのがインターネットです。 インターネットでは個人や企業、公共機関のホームページを通じて、膨大な量のありとあらゆる情報が提供されています。 …

自分史用に新たな情報も積極的に収集しよう

資料を集める方法は、材料の性質によって異なります。 すでに手元にある資料なら、何も難しいことはありません。   たとえば旅行の写真であれば、アルバムのなかからはがしてくればよいだけです。 ま …

資料集めは自分史づくりの醍醐味

資料集めは自分史づくりのなかでも最も楽しい作業の一つです。 というのも、資料を集めていく過程で自分が過去に経験した様々な出来事がありありとよみがえってくるからです。 うれしかったこと、苦しかったこと、 …