自分史、自伝、自叙伝の作り方

個人出版や自費出版は当たり前。もしかしたら、商業出版だって…。ケータイ小説家デビューも夢じゃありません。

自分史、自伝、自叙伝の書き方

自分史という大枠に沿って思いつくまま書く

投稿日:

文章は自分自身のなかから言葉をひねり出しつくりあげていく必要があります。

その意味で、文章の作成は無から有を生む作業といえます。

はじめにまったく何も存在しないわけですから、文章の出だしに苦労するのは当然といえば当然です。

このような場合の対処法としては、まず何でもいいから思いついたことを、「このような自分史にしたい」という大まかなイメージ、つまり大枠にしたがって、次から次へとパソコンに書き殴っていくという方法があります。

Ad

Ad

-自分史、自伝、自叙伝の書き方

執筆者:

関連記事

自分史のネタは忘れないうちにメモをとり、ワードで整理する

自分史の書き方として、メモをたたき台にして書くという方法もあります。 まずは、自分史に書きたいと思ったことを、思いつくがままにメモしていくわけです。 ここで気をつけたいのは、思いついた事柄の取捨選択を …

無秩序な文章のなかに自分史の軸を見つける

パソコンのモニターに映る書き殴られた文章は、一見無秩序のように見えるかもしれません。 しかし、試しにプリントアウトしてみてください。 印刷された文章をじっくりと見直すと、そこに全体をつないでいる軸がお …

自分史の推敲のポイント

推敲は、原稿の内容をよりわかりやすくしたり、あるいは文章を読みやすくするために行います。   まず、最も重要なのは書いた文章が自分の伝えたいことをしっかりと表現しているかどうかという点です。 …

自分史に名文は必要ない

自分史の本文を書くときに気になるのは、どのような文章を書けばよいのかという点でしょう。 ありがちなのは、「名文を書こう!」と張り切るあまり、「こんな文章ではだめだ」となかなか筆が進まなくなってしまう状 …

自分史の原稿を書き終えたらまず休息

書き始めてから原稿が完成するまでの時間は人によってまちまちでしょう。 1ヵ月ほどでできあがる人もいれば、半年、1年かかる人もいるかもしれません。 しかし、書くのが遅いからといって気にすることはありませ …