自分史、自伝、自叙伝の作り方

個人出版や自費出版は当たり前。もしかしたら、商業出版だって…。ケータイ小説家デビューも夢じゃありません。

自分史、自伝、自叙伝の書き方

自分史という大枠に沿って思いつくまま書く

投稿日:

文章は自分自身のなかから言葉をひねり出しつくりあげていく必要があります。

その意味で、文章の作成は無から有を生む作業といえます。

はじめにまったく何も存在しないわけですから、文章の出だしに苦労するのは当然といえば当然です。

このような場合の対処法としては、まず何でもいいから思いついたことを、「このような自分史にしたい」という大まかなイメージ、つまり大枠にしたがって、次から次へとパソコンに書き殴っていくという方法があります。

Ad

Ad

-自分史、自伝、自叙伝の書き方

執筆者:

関連記事

自分史の文章で大事なのは題材

実は、文章で何よりも大事なのは題材です。 人の興味をそそる題材であれば、たとえ文章が平凡であっても、読む者の心にいつまでも残るものです。 読者に「これはおもしろい」と思わせる独自の題材をみつけて、それ …

自分史の推敲のポイント

推敲は、原稿の内容をよりわかりやすくしたり、あるいは文章を読みやすくするために行います。   まず、最も重要なのは書いた文章が自分の伝えたいことをしっかりと表現しているかどうかという点です。 …

自分史の構成は市販の本と同じ

原稿を書く前にまず、自分史のいちばん大枠となる構成について理解しておきましょう。 構成といっても、難しいことを考える必要はありません。 市販されている本と同じように、自分史も下記のように構成するとよい …

とりあえず、自分史を書いてみる

自分史を書く方法としては、様々な形式を試みるのも有効です。 「自分史」というと、「私は、○年○月○日に、○○をした」という叙述形式で書きつづるものというイメージをもっている人も多いかもしれませんが、そ …

自分史の本文構成を把握する

本文は、さらにいくつかの要素に分けることができます。   まず、最も大きな要素として「章」があります。 章は、本文を分けたなかで最も大きな段落のことです。 たとえば、「第1章 出生」「第2章 …