自分史、自伝、自叙伝の作り方

個人出版や自費出版は当たり前。もしかしたら、商業出版だって…。ケータイ小説家デビューも夢じゃありません。

自分史、自伝、自叙伝の書き方

無秩序な文章のなかに自分史の軸を見つける

投稿日:

パソコンのモニターに映る書き殴られた文章は、一見無秩序のように見えるかもしれません。

しかし、試しにプリントアウトしてみてください。

印刷された文章をじっくりと見直すと、そこに全体をつないでいる軸がおぼろげながら浮かんでくることがあります。

 

たとえば、子供時代に貧しかった経験が自分の進路決定に影響を与え、さらにその決定どおりに人生を歩んできたことが見えてきたなどという具合に。

それに気づいたらしめたもの。

後は、その軸がよりくっきりと浮かぶように、書き殴った文章のなかから冗長な箇所を削ったり、文章全体の構成を組み替えていくなどして論理的な文章に仕上げていけばよいのです。

 

どんな自分史を書けばよいのかわからなかった人も、軸を明確に意識できるようになるはずです。

Ad

Ad

-自分史、自伝、自叙伝の書き方

執筆者:

関連記事

自分史の校正のポイント

校正は誤っている文字を訂正したり、表記を読みやすい形に改める作業です。   校正のポイントは、まず句読点を適切に使っているかをチェックすること。 とくに読点(、)には要注意です。 むやみやた …

自分史の文章で大事なのは題材

実は、文章で何よりも大事なのは題材です。 人の興味をそそる題材であれば、たとえ文章が平凡であっても、読む者の心にいつまでも残るものです。 読者に「これはおもしろい」と思わせる独自の題材をみつけて、それ …

自分史の構成は市販の本と同じ

原稿を書く前にまず、自分史のいちばん大枠となる構成について理解しておきましょう。 構成といっても、難しいことを考える必要はありません。 市販されている本と同じように、自分史も下記のように構成するとよい …

自分史の本文構成を把握する

本文は、さらにいくつかの要素に分けることができます。   まず、最も大きな要素として「章」があります。 章は、本文を分けたなかで最も大きな段落のことです。 たとえば、「第1章 出生」「第2章 …

自分史に名文は必要ない

自分史の本文を書くときに気になるのは、どのような文章を書けばよいのかという点でしょう。 ありがちなのは、「名文を書こう!」と張り切るあまり、「こんな文章ではだめだ」となかなか筆が進まなくなってしまう状 …