自分史、自伝、自叙伝の作り方

個人出版や自費出版は当たり前。もしかしたら、商業出版だって…。ケータイ小説家デビューも夢じゃありません。

自分史、自伝、自叙伝の書き方

とりあえず、自分史を書いてみる

投稿日:

自分史を書く方法としては、様々な形式を試みるのも有効です。

「自分史」というと、「私は、○年○月○日に、○○をした」という叙述形式で書きつづるものというイメージをもっている人も多いかもしれませんが、それにとらわれる必要はありません。

あれこれと書き方を試していくうちに、「これならすらすらと書ける!」という形式が見つかるでしょう。

 

形式の一例として、架空の友人と対話形式で自分の過去を振り返るというのも、ユニークでお勧めです。

 

たとえば、

友人A「君は○県○市で幼年時代を過ごしたんだよね」

私「そう。小学校の側には小川が流れていてね、よくザリガニ釣りをしたものさ。あのころの私たちは……」

などという調子で自分の人生を語るのも、おもしろいでしょう。

 

文章を気楽に作成するためには、自分にとって書きやすい年代から書いていくのも一つの手です。

自分史だからといって、必ずしも0歳、10代、20代、30代というように順を追って書いていく必要はありません。

30代のときがいちばん楽しかったのであれば、まずその頃の思い出から書き始めるほうが筆は進むでしょう。

もちろん、次に50代のときの経験を書いて、その後に出生の時の話を書いても構いません。

すべて書き終えてから、構成し直せばよいのです。

 

要は、書き出しをどうするかに頭を悩ませるよりも、自分が書きやすい方法でとりあえず書き始めることが大切なのです。

Ad

Ad

-自分史、自伝、自叙伝の書き方

執筆者:

関連記事

自分史に名文は必要ない

自分史の本文を書くときに気になるのは、どのような文章を書けばよいのかという点でしょう。 ありがちなのは、「名文を書こう!」と張り切るあまり、「こんな文章ではだめだ」となかなか筆が進まなくなってしまう状 …

自分史に限らず、文章の基本ルールを確認しておこう

文章を書く際には、守らなければならないいくつかの基本ルールがあります。 すでによくご存じかもしれませんが、念のために確認しておきましょう。   ◆文章の書き出しは1字下げる まず、文章の書き …

自分史という大枠に沿って思いつくまま書く

文章は自分自身のなかから言葉をひねり出しつくりあげていく必要があります。 その意味で、文章の作成は無から有を生む作業といえます。 はじめにまったく何も存在しないわけですから、文章の出だしに苦労するのは …

自分史の構成は市販の本と同じ

原稿を書く前にまず、自分史のいちばん大枠となる構成について理解しておきましょう。 構成といっても、難しいことを考える必要はありません。 市販されている本と同じように、自分史も下記のように構成するとよい …

自分史のネタは忘れないうちにメモをとり、ワードで整理する

自分史の書き方として、メモをたたき台にして書くという方法もあります。 まずは、自分史に書きたいと思ったことを、思いつくがままにメモしていくわけです。 ここで気をつけたいのは、思いついた事柄の取捨選択を …