自分史、自伝、自叙伝の作り方

個人出版や自費出版は当たり前。もしかしたら、商業出版だって…。ケータイ小説家デビューも夢じゃありません。

自分史、自伝、自叙伝の書き方

自分史のネタは忘れないうちにメモをとり、ワードで整理する

投稿日:

自分史の書き方として、メモをたたき台にして書くという方法もあります。

まずは、自分史に書きたいと思ったことを、思いつくがままにメモしていくわけです。

ここで気をつけたいのは、思いついた事柄の取捨選択をここで行わないようにすること。

 

また、メモは気づいたときに、すぐとるようにしましょう。

「後でメモしよう」と思っているとついつい忘れがちになります。

いつでもメモできるように、メモ用紙は常に持ち歩くとよいでしょう。

 

メモの書き方は箇条書きでも文章の形でも構いません。

あまり形式にこだわるとメモを書くのがおっくうになります。

「走り書きで構わない」ぐらいの気軽な気持ちで取り組みましょう。

 

また、メモは必ず同じメモ帳に書かなければならない、と決めてかからないほうがよいです。

たまたま持っていたノートや、それこそチラシの裏でも十分なメモ用紙となります。

その結果、メモ用紙が複数となっても最終的に一つにまとめればよいのです。

要は、思いついたことを逃さず、形にしておくことが大切なのです。

 

手書きのメモはワードで整理すると、その後の執筆の際にとても重宝します。

ことに、上記のようにメモ用紙が複数ある場合は、ワードで一つにまとめることによってぐっと読みやすくなります。

メモをもとにした原稿作成は、このワードでデータ化されたメモをふくらませることによって進めていくわけです。

 

●ワードを使ったメモの整理法
1.今までに書いたメモを、ワードに転記します。

ただし、手書きのメモをそっくりそのまま写すのではなく、転記の段階で原稿を書くのに必要ないと思われる情報はカットし、思いついたことは追加しておくとよいでしょう。

 

2.メモをもとに原稿をつくり上げていきます。
メモの段階では、いわば「骨」の状態だったものを肉付けしていく作業です。
たとえば、メモで「結婚式のために結婚指輪を購入」とだけ書かれていた場合であれば、いつ、どこで、どのような思いとともに結婚指輪を買ったのかなど、可能な限り具体的な情報を盛り込んでいきます。

 

Ad

Ad

-自分史、自伝、自叙伝の書き方

執筆者:

関連記事

自分史の本文構成を把握する

本文は、さらにいくつかの要素に分けることができます。   まず、最も大きな要素として「章」があります。 章は、本文を分けたなかで最も大きな段落のことです。 たとえば、「第1章 出生」「第2章 …

自分史の推敲のポイント

推敲は、原稿の内容をよりわかりやすくしたり、あるいは文章を読みやすくするために行います。   まず、最も重要なのは書いた文章が自分の伝えたいことをしっかりと表現しているかどうかという点です。 …

自分史の校正のポイント

校正は誤っている文字を訂正したり、表記を読みやすい形に改める作業です。   校正のポイントは、まず句読点を適切に使っているかをチェックすること。 とくに読点(、)には要注意です。 むやみやた …

自分史の構成は市販の本と同じ

原稿を書く前にまず、自分史のいちばん大枠となる構成について理解しておきましょう。 構成といっても、難しいことを考える必要はありません。 市販されている本と同じように、自分史も下記のように構成するとよい …

自分史はワードを用いて効率的に原稿を書く

ワードには、文章を効率的に書くために便利な機能や、ルビを振る機能などが備わっています。 原稿を作成する際によく使う基本的な機能について解説しておきましょう。 ショートカットを利用して、文字列の切り貼り …