自分史、自伝、自叙伝の作り方

個人出版や自費出版は当たり前。もしかしたら、商業出版だって…。ケータイ小説家デビューも夢じゃありません。

自分史、自伝、自叙伝の書き方

自分史に名文は必要ない

投稿日:

自分史の本文を書くときに気になるのは、どのような文章を書けばよいのかという点でしょう。

ありがちなのは、「名文を書こう!」と張り切るあまり、「こんな文章ではだめだ」となかなか筆が進まなくなってしまう状況です。

ことに若いときに文学作品を読みあさった経験のある人は、そうなる傾向にあるようです。

 

しかし、何度も繰り返してきたように、自分史は小説ではありません。

また、小説家のような「文章のプロ」と同じレベルで文章を書こうとするのは無理があります。

そもそも、文章にとって最も大事なのは「美文」や「名文」であることよりも、伝えたいことが正確に伝わっているかどうかということです。

レトリック(文章表現の技巧)が華麗で一見人目を引くような文章であっても、内容が空疎で何を言いたいのかさっぱりわからない文章では困ります。

 

いたずらに技巧を凝らすことよりも、わかりやすい誠実な文章を書くことを意識すべきです。

Ad

Ad

-自分史、自伝、自叙伝の書き方

執筆者:

関連記事

自分史という大枠に沿って思いつくまま書く

文章は自分自身のなかから言葉をひねり出しつくりあげていく必要があります。 その意味で、文章の作成は無から有を生む作業といえます。 はじめにまったく何も存在しないわけですから、文章の出だしに苦労するのは …

自分史の構成は市販の本と同じ

原稿を書く前にまず、自分史のいちばん大枠となる構成について理解しておきましょう。 構成といっても、難しいことを考える必要はありません。 市販されている本と同じように、自分史も下記のように構成するとよい …

無秩序な文章のなかに自分史の軸を見つける

パソコンのモニターに映る書き殴られた文章は、一見無秩序のように見えるかもしれません。 しかし、試しにプリントアウトしてみてください。 印刷された文章をじっくりと見直すと、そこに全体をつないでいる軸がお …

自分史のネタは忘れないうちにメモをとり、ワードで整理する

自分史の書き方として、メモをたたき台にして書くという方法もあります。 まずは、自分史に書きたいと思ったことを、思いつくがままにメモしていくわけです。 ここで気をつけたいのは、思いついた事柄の取捨選択を …

自分史の本文構成を把握する

本文は、さらにいくつかの要素に分けることができます。   まず、最も大きな要素として「章」があります。 章は、本文を分けたなかで最も大きな段落のことです。 たとえば、「第1章 出生」「第2章 …