自分史、自伝、自叙伝の作り方

個人出版や自費出版は当たり前。もしかしたら、商業出版だって…。ケータイ小説家デビューも夢じゃありません。

自分史、自伝、自叙伝の作成

自分史をPDFで公開する

投稿日:

電子メールやCDで配布する際にお勧めなのが、PDFというファイル形式です。

PDFとは、portable document formatの略で、アメリカのアドビシステムズ社が開発した文書表示用のファイル形式です。

このPDFの最大の特徴は、パソコンやOSが何であっても、作成した文章をオリジナルなイメージのまま表示できるという点です。

 

本来、ワードで作成した文章を、テキストの文字組や画像の配置などレイアウトがまったく同じ状態でほかの人に読ませたい場合、その人が同じバージョンのワードのソフトをもっている必要があります。

しかし、PDFファイルなら、PDFリーダーを使うことにより、作成した人のイメージしたレイアウトと同じ状態で読むことができるのです。

つまり、自分史のファイルをPDFファイルにして配れば、誰もが自分史をオリジナルのイメージそのままにパソコン上で読むことができるようになるわけです。

 

当然、印刷もオリジナルのイメージのまま行えます。

 

ワードで作成した自分史をPDFファイルに変えるためには、PDF作成ソフトが必要です。

手頃な値段のものとしては、ソースネクスト社の「いきなりPDF」というソフトがあります。

ワードでつくった原稿をPDFにするだけでしたら問題ありません。

 

ほかには、インターネット上で配布されている無料のPDF作成ソフトもあります。

ただ、扱っているのは海外のサイトで、利用するのには英語の理解が必要になります。

英語でも問題ないという人は、試してみるとよいでしょう。

 

PDFファイルはPDFリーダーがあれば誰でも簡単にPDFファイルを読むことができます。

アドビシステムズ社は、PDFリーダーの「Adobe Reader」をホームページ上で無料で配布しています。

ですので、ソフトを入手するのにお金はかかりません。

作成したPDFをメールなどで配る場合には、Adobe Readerをダウンロードできるようホームページのアドレス(http://www.adobe.com/jp/)もあわせて伝えておくとよいでしょう。

Ad

Ad

-自分史、自伝、自叙伝の作成

執筆者:

関連記事

自分史の紙以外の公開方法

ワードで作成した自分史はデジタルデータですから、本にする以外にも様々な形で公開したり、頒布したりできます。 逆に言えば、本の体裁にしなくとも、今から紹介する方法を用いれば、多くの人に読んでもらうことが …

自分史用製本キット

最近では、簡単に製本ができる製本キットも販売されています。 なかには表紙が布貼りで、自分で製本したとは思えないようなとても見栄えのよい仕上がりになるものもあります。 あまり製本には手間ひまをかけたくな …

自分史の表紙を印刷する

表紙の印刷については、厚い紙を利用するため、プリンタの給紙口にひっかかりやすくなります。 引っかかった場合、紙を無理やり給紙口から引っ張って取り出そうとするとプリンタが壊れる場合があります。 &nbs …

自分史の製本

製本の方法には、「かがりとじ」「無線とじ」などいろいろありますが、はじめて挑戦する場合には「平とじ」がよいでしょう。 これは、1枚の紙の裏表に印刷した本文部分を表紙で挟み、背の部分をホチキスなどでとめ …

自分史を印刷するためのプリンタ

プリンタは普段、使っているものがあればそれで十分です。 わざわざ自分史用に新たに購入する必要はありません。 もし現在、プリンタをもっていないのであれば、この機会に購入を検討しましょう。 安いものであれ …