自分史、自伝、自叙伝の作り方

個人出版や自費出版は当たり前。もしかしたら、商業出版だって…。ケータイ小説家デビューも夢じゃありません。

自分史、自伝、自叙伝の作成

自分史の製本

投稿日:

製本の方法には、「かがりとじ」「無線とじ」などいろいろありますが、はじめて挑戦する場合には「平とじ」がよいでしょう。

これは、1枚の紙の裏表に印刷した本文部分を表紙で挟み、背の部分をホチキスなどでとめる製本の仕方です。

この方法なら、定規とカッター、ホチキス、製本テープさえ用意すればすぐに製本ができます。

ただ、ページ数が多いとホチキスでとめるのは難しくなります。

その場合には、専用の糊で固め、製本機でとじることになります。

製本機はデザイン用具店などで販売しています。

安いものであれば1万円ぐらいからあります。

 

また、地域の公民館や市民センターのような場所で、無料もしくは安価な使用料で使える場合もあります。

「一冊しか製本をしないのに、製本機を買うのは不経済だ」という人は、近くの公共施設に問い合わせてみましょう。

 

Ad

Ad

-自分史、自伝、自叙伝の作成

執筆者:

関連記事

自分史用製本キット

最近では、簡単に製本ができる製本キットも販売されています。 なかには表紙が布貼りで、自分で製本したとは思えないようなとても見栄えのよい仕上がりになるものもあります。 あまり製本には手間ひまをかけたくな …

自分史の本文を印刷する

印刷の設定方法は表紙をプリントする場合と、本文をプリントする場合とで若干異なります。 本文は両面印刷しますので、表面を印刷した後に裏面を印刷することになります。 そのときに用紙のセットの仕方に気をつけ …

自分史の表紙を印刷する

表紙の印刷については、厚い紙を利用するため、プリンタの給紙口にひっかかりやすくなります。 引っかかった場合、紙を無理やり給紙口から引っ張って取り出そうとするとプリンタが壊れる場合があります。 &nbs …

自分史を印刷するための用紙

本文をプリントする用紙はプリント用紙やコピー用紙で構いませんが、紙の質やデザインにこだわりがあるのであれば画材屋やデザイン用具店で気に入ったものを見つけて使ってもよいでしょう。 また、プリントする紙は …

自分史を印刷するためのプリンタ

プリンタは普段、使っているものがあればそれで十分です。 わざわざ自分史用に新たに購入する必要はありません。 もし現在、プリンタをもっていないのであれば、この機会に購入を検討しましょう。 安いものであれ …