自分史、自伝、自叙伝の作り方

個人出版や自費出版は当たり前。もしかしたら、商業出版だって…。ケータイ小説家デビューも夢じゃありません。

自分史、自伝、自叙伝の作成

自分史を印刷するための用紙

投稿日:

本文をプリントする用紙はプリント用紙やコピー用紙で構いませんが、紙の質やデザインにこだわりがあるのであれば画材屋やデザイン用具店で気に入ったものを見つけて使ってもよいでしょう。

また、プリントする紙は本文と表紙で使い分けましょう。

表紙には本文の用紙に比べ、厚手のものを使います。

通常のプリント用紙やコピー用紙では薄すぎますし、表紙のデザインをよりよく見せるためにも、表紙用の紙は上記のような専門店で購入することをお勧めします。

 

表紙用紙の選択に迷ったときは、写真やイラストを用いる場合を考えて、フォトペーパーや光沢紙などとよばれる写真専用紙にしておくとよいでしょう。

なお紙を購入するときには、パソコンでレイアウトした原稿の用紙サイズと購入する用紙のサイズが同じかどうかを忘れずに確認するようにしてください。

用紙のサイズは、A3判の半分がA4判、A4判の半分がA5判と、番号が大きくなるにつれ半分ずつ小さくなっていきます。

 

また、A5判やB6判の用紙はあまり一般的ではありません。

そこで、これらのサイズの自分史をつくりたい場合には、入手しやすいA4版やB5版の用紙1枚に複数のページを印刷し、半分に折って製本するとよいでしょう。

 

また、四六判やAB判などは印刷後に断裁が必要となるので、A4判やB5判の用紙で対応できるA5判、B6判が自分史の本のサイズとしては妥当といえるでしょう。

Ad

Ad

-自分史、自伝、自叙伝の作成

執筆者:

関連記事

自分史の紙以外の公開方法

ワードで作成した自分史はデジタルデータですから、本にする以外にも様々な形で公開したり、頒布したりできます。 逆に言えば、本の体裁にしなくとも、今から紹介する方法を用いれば、多くの人に読んでもらうことが …

自分史の製本

製本の方法には、「かがりとじ」「無線とじ」などいろいろありますが、はじめて挑戦する場合には「平とじ」がよいでしょう。 これは、1枚の紙の裏表に印刷した本文部分を表紙で挟み、背の部分をホチキスなどでとめ …

自分史の表紙を印刷する

表紙の印刷については、厚い紙を利用するため、プリンタの給紙口にひっかかりやすくなります。 引っかかった場合、紙を無理やり給紙口から引っ張って取り出そうとするとプリンタが壊れる場合があります。 &nbs …

自分史をホームページで公開する

せっかく書いた自分史をできるだけ多くの人に読んでもらいたいというのであれば、ワードでつくった原稿を活用してホームページを作成してみてはいかがでしょうか。 ワードは作成した文章を、ファイルの形式を変更し …

自分史をCD-ROMで公開する

自分史を本にするのは大変だと感じている人は、CD-ROMにすることを検討してみてください。 具体的には、CD-Rと呼ばれている記録メディアに、作成した原稿のワードファイルか、あるいはPDFに変換したフ …