自分史、自伝、自叙伝の作り方

個人出版や自費出版は当たり前。もしかしたら、商業出版だって…。ケータイ小説家デビューも夢じゃありません。

自分史、自伝、自叙伝の書き方

自分史の原稿を書き終えたらまず休息

投稿日:

書き始めてから原稿が完成するまでの時間は人によってまちまちでしょう。

1ヵ月ほどでできあがる人もいれば、半年、1年かかる人もいるかもしれません。

しかし、書くのが遅いからといって気にすることはありません。

仕事ではなく趣味なのですから、自分のペースでのんびりと進めればよいのです。

 

いずれにしても苦心惨憺の末に、原稿ができあがったときの感激は格別なはずです。

生涯で何百枚もの原稿を書き上げる機会などそうそうあるわけではありません。

「よくやったなあ!」と、大きな偉業を成し遂げたような感慨を抱く人もいることでしょう。

また、長い間の宿題を終えたような開放感に満たされる人もいるでしょう。

 

しばらくは、自分史をつくりあげた喜びをじっくりと味わい、執筆の疲れをとるためにゆっくりと数日休んでください。

 

休息は、次に述べる推敲と校正の際に、自分が書いた原稿を第三者の目でじっくりと見るためにも必要です。

十分に休息をとったら、原稿の推敲と校正にとりかかりましょう。

実は、本文を書き上げることに勝るとも劣らないくらい、推敲と校正の作業は重要です。

なぜなら、推敲と校正次第で、自分史の完成度が大きく変わるからです。

Ad

Ad

-自分史、自伝、自叙伝の書き方

執筆者:

関連記事

自分史の構成は市販の本と同じ

原稿を書く前にまず、自分史のいちばん大枠となる構成について理解しておきましょう。 構成といっても、難しいことを考える必要はありません。 市販されている本と同じように、自分史も下記のように構成するとよい …

自分史の文章で大事なのは題材

実は、文章で何よりも大事なのは題材です。 人の興味をそそる題材であれば、たとえ文章が平凡であっても、読む者の心にいつまでも残るものです。 読者に「これはおもしろい」と思わせる独自の題材をみつけて、それ …

自分史のネタは忘れないうちにメモをとり、ワードで整理する

自分史の書き方として、メモをたたき台にして書くという方法もあります。 まずは、自分史に書きたいと思ったことを、思いつくがままにメモしていくわけです。 ここで気をつけたいのは、思いついた事柄の取捨選択を …

自分史の推敲のポイント

推敲は、原稿の内容をよりわかりやすくしたり、あるいは文章を読みやすくするために行います。   まず、最も重要なのは書いた文章が自分の伝えたいことをしっかりと表現しているかどうかという点です。 …

自分史に名文は必要ない

自分史の本文を書くときに気になるのは、どのような文章を書けばよいのかという点でしょう。 ありがちなのは、「名文を書こう!」と張り切るあまり、「こんな文章ではだめだ」となかなか筆が進まなくなってしまう状 …