自分史、自伝、自叙伝の作り方

個人出版や自費出版は当たり前。もしかしたら、商業出版だって…。ケータイ小説家デビューも夢じゃありません。

自分史、自伝、自叙伝の作り方

自分史の中心軸を見つける

投稿日:2013年8月24日 更新日:

どのように自分史をまとめたいのか、自分自身がわからなくなってしまうのは、いわば中心軸を見失っているからといえます。

中心軸がなければ、「こういう自分史がいいだろうか」「いや、やはりああしよう」と思い悩むばかりです。

その結果、いつまで経っても構想がまとまらないという袋小路に陥ってしまうわけです。

 

逆に中心軸がしっかりしていれば、書くべきことは自然に定まってきます。

たとえば、自分のサラリーマン時代の苦労話を強く打ち出したいのであれば、そこを中軸として必要な要素(サラリーマンになるまでの過程、苦労話の具体的なエピソードなど)を論理的に構成していけば、出だしまでも必然的に決まるでしょう。

Ad

Ad

-自分史、自伝、自叙伝の作り方

執筆者:

関連記事

自分史の種類

一口に自分史といっても、実に様々なタイプのものがあります。 おもなものを下に挙げておきました。 エッセイ風自分史 自分の体験や思い出をエッセイ風にまとめて自分史にしあげたもの。気軽に書けるのが利点 日 …

ほかの人が書いた自分史を参考にする

どのようにまとめたらよいのかが、どうしても思い浮かばない人は、他人の書いた自分史を参考にしてみてはいかがでしょうか。 これまでに、多くの人の手で膨大な数の自分史が書き上げられてきました。 もしかしたら …

自分史は誰にでも簡単に書ける!

フィクションとして、血湧き肉躍るような冒険物語やあるいは誰もが涙するような悲劇の恋愛ストーリーをこしらえるのであれば、それは当然、想像力をフル回転しなければならない大変な作業になるでしょう。 しかし、 …

自分史は日記に近い?

自分の歴史を語るというと「自叙伝」や「自伝」を思い浮かべるかもしれません。 これらは「自分史」とどう違うのでしょうか。   「自叙伝」「自伝」は通常、自分が人生で経験してきたこと、感じてきた …

どのような自分史をつくりたいのか明確に

パソコンに向かって、「どんな自分史を書こうか」と構想をまとめようとするが、うまくいかない。 自分史つくりに取りかかった人の多くが、この「自分史のまとめ方」という難問にぶつかることになるでしょう。 プロ …