自分史、自伝、自叙伝の作り方

個人出版や自費出版は当たり前。もしかしたら、商業出版だって…。ケータイ小説家デビューも夢じゃありません。

自分史、自伝、自叙伝のレイアウト

自分史の目次や章扉、奥付のつくり方

投稿日:

まず、それぞれの目的ときれいにまとめるためのデザイン上のコツについて解説しておきましょう。

目次は、本文がどのような内容なのかがすぐに一覧できるものでなければなりません。

そのためには、何よりもわかりやすさが求められます。

ゴテゴテと装飾を施すことは控え、フォントは見やすいものを使い、明快かつシンプルなデザインにするとよいでしょう。

 

章扉は、本文がいくつかの章に分けられているときにつけるものです。

「中扉」ともいいます。

章扉に記されるタイトルの文字は大きめにすることをお勧めします。

大きな文字は人の目を引きます。

章扉の文字が大きければ、「新しい章が始まるのだ」という印象を読む人に強く与え、次の章への興味をそそるでしょう。

 

また、誌面にメリハリが出ます。

また、一工夫したければ、章扉にそれぞれの章にちなんだ写真やイラストをあしらってみてもよいでしょう。

 

奥付は、自分史の題名、発行年月日、著者名、発行所(者)名、印刷所名などを記すものです。

市販の本では、大抵最後のページにあります。

必要なデータを簡潔に記しておけば十分で、デザイン的にこだわる必要はありません。

  • 目次をつくる
    スタイルを使って、見出しを統一している場合、その見出しを抜き出して簡単に目次をつくることができます。
    ここでは、見出し1が設定されている節タイトル、見出し2が設定されている小見出しを抜きだして目次を作成しましょう。

 

  • 章扉をつくる
    章扉は、各章の本文の前につくります。
    章扉にはどのようなことを書けばよいのか迷う人もいることでしょう。
    一般に、章扉に入れる要素としては、章タイトルに加えて、章リード、節見出しがあります。
    このうち章リードとは、章の内容を簡略に説明した文章のことです。
    これから本文が始まるのですから、冗長になりすぎないように、章リードの文字の分量は50~100字程度が適当でしょう。

 

  • 奥付をつくる
    奥付はテキストボックスを利用してつくります。
    奥付には、題名、作成日、著者名を入れるようにしてください。

Ad

Ad

-自分史、自伝、自叙伝のレイアウト

執筆者:

関連記事

自分史に使う写真を加工する

何百字も費やしたニュース記事より、事件の光景を写した1枚の写真のほうが雄弁に事実を物語ることは珍しくありません。 このことは自分史にもあてはまります。   たとえば、自分の子供時代の風貌を伝 …

自分史の表紙のつくり方

表紙は本の顔です。 表紙のタイトルを見れば、多くの場合どのような内容の本なのかがイメージできますし、そのデザインを見れば本をつくった人の人柄、嗜好、センスが伝わってきます。 それだけに表紙のデザインに …

自分史に使う写真をパソコンに取り込む

パソコンで写真やイラストなどを処理するためには、素材となる画像をまずデジタル化する必要があります。 たとえば、アルバムに貼ってあった写真や、自分で画用紙に描いたイラストは、そのままではパソコンでとり扱 …

自分史のレイアウトは模倣からはじめる

どのようなレイアウトが読みやすいのかということになりますが、これはなかなか難しい問題です。 レイアウトには一定のセオリーはあるものの美的な感性や経験の産物であるため、「こういうようにすればよい」と定式 …

自分史を読みやすくレイアウトする

推敲・校正も無事終えて、原稿は完全なものとなりました。 「よし、これをプリントアウトして本にしよう」といきたいところですが、まだ大きな作業が残っています。 書いた原稿をページに割り振っていくレイアウト …