自分史、自伝、自叙伝の作り方

個人出版や自費出版は当たり前。もしかしたら、商業出版だって…。ケータイ小説家デビューも夢じゃありません。

自分史、自伝、自叙伝のレイアウト

自分史に使う写真を加工する

投稿日:

何百字も費やしたニュース記事より、事件の光景を写した1枚の写真のほうが雄弁に事実を物語ることは珍しくありません。

このことは自分史にもあてはまります。

 

たとえば、自分の子供時代の風貌を伝えようとする場合、文章で表現するよりも写真を載せる方が一目瞭然で、効果的なのは間違いないでしょう。

 

また、文字だけがずらずらと並んでいるよりも、ところどころに文章と関連する写真やイラストが入っているほうが、視覚的に興味深くなりますし、原稿の内容もより伝わりやすくなります。

 

このような理由から、自分史には積極的に写真やイラストを入れるとよいでしょう。

Ad

Ad

-自分史、自伝、自叙伝のレイアウト

執筆者:

関連記事

自分史を読みやすくレイアウトする

推敲・校正も無事終えて、原稿は完全なものとなりました。 「よし、これをプリントアウトして本にしよう」といきたいところですが、まだ大きな作業が残っています。 書いた原稿をページに割り振っていくレイアウト …

自分史のレイアウトを設定する

レイアウトの基本的な要素はワードの[ページ設定]で設定することができます。 用紙を設定する 一般的な体裁として、文字方向は縦書き、A4用紙の用紙サイズに、印刷の向きは横、印刷の形式は本(縦方向に谷折り …

自分史の表紙のつくり方

表紙は本の顔です。 表紙のタイトルを見れば、多くの場合どのような内容の本なのかがイメージできますし、そのデザインを見れば本をつくった人の人柄、嗜好、センスが伝わってきます。 それだけに表紙のデザインに …

自分史で使う写真を加工する

パソコンで取り込んだ画像は、画像加工ソフトを使って目的に応じて加工します。 ここでは、ウィンドウズに付属するソフトの「ペイント」を使って、ワードで扱いやすくするために画像を小さくリサイズしたり、必要な …

自分史のレイアウトは模倣からはじめる

どのようなレイアウトが読みやすいのかということになりますが、これはなかなか難しい問題です。 レイアウトには一定のセオリーはあるものの美的な感性や経験の産物であるため、「こういうようにすればよい」と定式 …