自分史、自伝、自叙伝の作り方

個人出版や自費出版は当たり前。もしかしたら、商業出版だって…。ケータイ小説家デビューも夢じゃありません。

自分史、自伝、自叙伝の書き方

自分史の校正のポイント

投稿日:

校正は誤っている文字を訂正したり、表記を読みやすい形に改める作業です。

 

校正のポイントは、まず句読点を適切に使っているかをチェックすること。

とくに読点(、)には要注意です。

むやみやたらと読点を打つと、うるさく感じられかえって文章が読みにくくなります。

読点は、必要と思うところに限って用いるようにしてください。

 

それから、カギカッコやカッコを文章中に用いた場合、疲れているときなどには、“ 」”や“ )”を忘れてしまうことがあります。

きちんと閉じているかどうかを確認するようにしましょう。

 

また、「てにをは」の使い方にも気をつけましょう。

あまりにも初歩的なことなので、「自分は誤るはずがない」と思っている人もいるでしょうが、長い文章を書いていると意外と間違えてしまうものです。

併せて、主語と述語の対応関係、形容詞、副詞の使い方が間違っていないかどうかも確認しましょう。

 

  • 送り仮名や表記の統一も意識する
    文字の誤りでは、同音異義語の表記間違いも少なくありません。
    ことにパソコンで文章を書く場合には、どこかしらでミスしていると思っておいたほうがよいです。
    さらに、送りがなや表記の統一も意識して行うようにしましょう。
    もちろん、統一されていなくても意味は通じますが、表記がばらばらな場合に比べて、読む側からすると全体的に洗練されている印象を受けます。

 

  • ワードでの文章校正の方法
    校正をする場合には、ワードの文章校正機能が便利ですので、ぜひ活用してみてください。
    ワードの校正機能には[文章校正]と[表記ゆれチェック]があります。
    前者は、文章に間違いがある場合、指摘し修正候補を教えてくれるなど校正を手助けしてくれる機能です。
    一方、後者は同一の意味を持つ単語に異なる文字が使用されている場合に、該当箇所を表示してくれる機能です。

Ad

Ad

-自分史、自伝、自叙伝の書き方

執筆者:

関連記事

自分史の文章で大事なのは題材

実は、文章で何よりも大事なのは題材です。 人の興味をそそる題材であれば、たとえ文章が平凡であっても、読む者の心にいつまでも残るものです。 読者に「これはおもしろい」と思わせる独自の題材をみつけて、それ …

自分史の構成は市販の本と同じ

原稿を書く前にまず、自分史のいちばん大枠となる構成について理解しておきましょう。 構成といっても、難しいことを考える必要はありません。 市販されている本と同じように、自分史も下記のように構成するとよい …

自分史の本文構成を把握する

本文は、さらにいくつかの要素に分けることができます。   まず、最も大きな要素として「章」があります。 章は、本文を分けたなかで最も大きな段落のことです。 たとえば、「第1章 出生」「第2章 …

自分史のネタは忘れないうちにメモをとり、ワードで整理する

自分史の書き方として、メモをたたき台にして書くという方法もあります。 まずは、自分史に書きたいと思ったことを、思いつくがままにメモしていくわけです。 ここで気をつけたいのは、思いついた事柄の取捨選択を …

無秩序な文章のなかに自分史の軸を見つける

パソコンのモニターに映る書き殴られた文章は、一見無秩序のように見えるかもしれません。 しかし、試しにプリントアウトしてみてください。 印刷された文章をじっくりと見直すと、そこに全体をつないでいる軸がお …