自分史、自伝、自叙伝の作り方

個人出版や自費出版は当たり前。もしかしたら、商業出版だって…。ケータイ小説家デビューも夢じゃありません。

自分史、自伝、自叙伝の作り方

自分史づくりにパソコンは欠かせない

投稿日:

自分史づくりに当たってパソコンは大きな力になってくれます。

パソコンを利用するメリットを確認しておきましょう。

 

◆身体的負担を緩和できる

自分史を作成する過程では膨大な量の文章を書かなければなりません。

もちろん書き損じもあるでしょうから、人によっては1000枚近くの原稿用紙を費やすかもしれません。

これだけの文章をペンで書くとなると、身体にも大きな負担となります。

しかし、パソコンを使えばこうした負担は大きく軽減できます。

キーボードをとんとんと打っていけばよいだけなのですから、ペンを走らす作業に比べればはるかに楽です。

また、パソコンで文章を書くことのメリットは、書き直しが簡単にできるということです。

原稿用紙では、書いている内容に気に入らない部分があったらその部分の前後も含めて、改めて別の原稿用紙に書き直さなければなりません。

しかし、パソコンでは気に入らない箇所だけを削除して、その部分だけを書き直すことができます。

このことも、原稿作成の時間短縮につながり、より内容を考えることに時間を費やすことができるのです。

 

◆調べものが簡単

原稿を作成するなかでは、忘れた漢字を辞書で調べたり、書きたい内容に関連して百科事典を利用したりすることがあるはずです。

そのとき、必要な書籍がなければ、近くの本屋や図書館まで足を運ばなければなりません。

しかし、パソコンがあれば大抵のことは、インターネットで調べることができます。

国語辞典や漢和辞典は、ヤフーなどの大手ポータルサイトで無料で利用できます。

わからないときにすぐその場で調べられるのは、本当に便利です。

 

◆簡単に本にできる

自分史を完成させたら、なかにはそれを自費出版して親戚や友人、知人に配りたいと思う人もいるでしょう。

しかし、出版社やあるいは印刷所に依頼して自費出版をするには大変な費用がかかります。

自分史をほかの人にも読んでもらいたいというのであれば、お金をかけなくともより手軽な方法があります。パソコンでプリントアウトしたものを、製本すればよいのです。

この方法なら、インク代と紙代、それに製本のための諸経費がかかるだけです。

 

◆自分史をつくるのに便利な機能を備えているWord

特別なソフトは必要ありませんが、マイクロソフト社の「Word(ワード)」はぜひ入手してください。

ワードは、その完成度の高さから世界中で最も多く使用されている文章作成ソフトです。

自分史をつくるうえで便利な機能も多く備わっています。

 

Ad

Ad

-自分史、自伝、自叙伝の作り方

執筆者:

関連記事

自分史の中心軸を見つける

どのように自分史をまとめたいのか、自分自身がわからなくなってしまうのは、いわば中心軸を見失っているからといえます。 中心軸がなければ、「こういう自分史がいいだろうか」「いや、やはりああしよう」と思い悩 …

自分史づくりは4段階の作業が必要

自分史づくりの流れは大きく以下の4段階に分けられます。 準備 原稿作成 レイアウト 印刷・製本   それでは、それぞれの内容について具体的にみていきましょう。 (1)準備 準備の段階は、さら …

ほかの人が書いた自分史を参考にする

どのようにまとめたらよいのかが、どうしても思い浮かばない人は、他人の書いた自分史を参考にしてみてはいかがでしょうか。 これまでに、多くの人の手で膨大な数の自分史が書き上げられてきました。 もしかしたら …

自分史は誰にでも簡単に書ける!

フィクションとして、血湧き肉躍るような冒険物語やあるいは誰もが涙するような悲劇の恋愛ストーリーをこしらえるのであれば、それは当然、想像力をフル回転しなければならない大変な作業になるでしょう。 しかし、 …

自分史は日記に近い?

自分の歴史を語るというと「自叙伝」や「自伝」を思い浮かべるかもしれません。 これらは「自分史」とどう違うのでしょうか。   「自叙伝」「自伝」は通常、自分が人生で経験してきたこと、感じてきた …