編集プロダクション 書籍

About

*

ほかの人が書いた自分史を参考にする

どのようにまとめたらよいのかが、どうしても思い浮かばない人は、他人の書いた自分史を参考にしてみてはいかがでしょうか。

これまでに、多くの人の手で膨大な数の自分史が書き上げられてきました。

もしかしたら、あなたの友人や知人の中にも自分史を書いた人がすでにいるかもしれません。

身近に自分史を書いている人がいればしめたもの、ぜひ拝借することをお勧めします。

 

また、図書館のなかには、一般の人から寄贈された自分史を収めているところもありますし、最近では、全国から寄贈された自分史を収蔵している専門の施設もできています。

そうした図書館や施設に足を運んで、ほかの人が書いた自分史を閲覧してみましょう。

その場合は、せっかくの機会ですから、できるだけ多くの作品に目を通してみてください。

 

自分史のまとめ方は十人十色です。

いろいろなケースに触れるなかで、「このまとめ方はいい」と思えるものが見つかるでしょうし、あるいはそこからヒントを得て自分ならではのオリジナルなまとめ方が考えつくかも知れません。

 

最近ではホームページで自分史を発表する人も増えています。

これならパソコンで簡単に見られるので便利です。

グーグルなどの検索ページで「自分史」と入力すれば、すぐに見つかるはずです。

なかには自分史の書き方について詳しく解説しているところもあって、大変参考になります。

 

Ad

関連記事

no image

自分史の種類

一口に自分史といっても、実に様々なタイプのものがあります。 おも...

記事を読む

no image

自分史は日記に近い?

自分の歴史を語るというと「自叙伝」や「自伝」を思い浮かべるかもしれませ...

記事を読む

no image

自分史づくりで意外な事実が見つかることも

それから、自分史づくりには意外な効用もあります。 自分の人生を振...

記事を読む

no image

自分史づくりは4段階の作業が必要

自分史づくりの流れは大きく以下の4段階に分けられます。 準備 ...

記事を読む

no image

自分史づくりにパソコンは欠かせない

自分史づくりに当たってパソコンは大きな力になってくれます。 パソ...

記事を読む

新着記事

no image

自分史の種類

一口に自分史といっても、実に様々なタイプのものがあります。 おも...

記事を読む

no image

自分史は日記に近い?

自分の歴史を語るというと「自叙伝」や「自伝」を思い浮かべるかもしれませ...

記事を読む

no image

自分史づくりで意外な事実が見つかることも

それから、自分史づくりには意外な効用もあります。 自分の人生を振...

記事を読む

no image

自分史の推敲のポイント

推敲は、原稿の内容をよりわかりやすくしたり、あるいは文章を読みやすくす...

記事を読む

no image

自分史の校正のポイント

校正は誤っている文字を訂正したり、表記を読みやすい形に改める作業です。...

記事を読む


Ad

  • ▼10年連続、50冊以上の出版を決めてきた▼
    本物のノウハウ!



    • 自分史の種類
    • 一口に自分史といっても、実に様々なタイプのものがあります。 おもなものを下に挙げておきました。 エッセイ風自分史 自分の体験や思い出をエッセイ風にまとめて自分史にしあげたもの。気軽に書けるのが利点 日記風自分史 「○月○ […]
    • 自分史は日記に近い?
    • 自分の歴史を語るというと「自叙伝」や「自伝」を思い浮かべるかもしれません。 これらは「自分史」とどう違うのでしょうか。   「自叙伝」「自伝」は通常、自分が人生で経験してきたこと、感じてきたことを人へ伝えたいと […]
    • 自分史の表紙のつくり方
    • 表紙は本の顔です。 表紙のタイトルを見れば、多くの場合どのような内容の本なのかがイメージできますし、そのデザインを見れば本をつくった人の人柄、嗜好、センスが伝わってきます。 それだけに表紙のデザインには十分に気を遣い、自 […]
    • 自分史づくりで意外な事実が見つかることも
    • それから、自分史づくりには意外な効用もあります。 自分の人生を振り返る過程では、記憶に頼るだけでなく、後で述べるように調べものをする必要がでてくるでしょう。 また、昔の知人に会って取材をしなければならなくなるかもしれませ […]
    • 自分史の推敲のポイント
    • 推敲は、原稿の内容をよりわかりやすくしたり、あるいは文章を読みやすくするために行います。   まず、最も重要なのは書いた文章が自分の伝えたいことをしっかりと表現しているかどうかという点です。 できれば、奥さんや […]
PAGE TOP ↑