編集プロダクション 書籍

About

*

自分史の本文構成を把握する

本文は、さらにいくつかの要素に分けることができます。

 

まず、最も大きな要素として「章」があります。

章は、本文を分けたなかで最も大きな段落のことです。

たとえば、「第1章 出生」「第2章幼年時代」などのような形で章を立てていくわけです。

 

章はさらに、「節」に分けられます。

「第2章 第1節 幼稚園に通い始める」

「第2章 第2節 運動会で大活躍」

などのような形で節を分けていきます。

 

また、節をさらに分ける場合もあります。この場合、分けられた部分を「項」といいます。

 

◆章や節には見出しをつける

章、節には上で示しているように、その内容を一言でまとめたタイトルをつけるのが一般的です。

これを、「見出し」といいます。

章の見出しを「章見出し」、節の見出しを「節見出し」などとよんだりします。

また、節のなかで、適宜見出しを設けることがあります。

これは、「小見出し」とよばれています。

見出しは、どのようなことがその章やその節に書かれているのか一目でイメージできるものが望ましいでしょう。

見出しを決める場合には、いくつか候補を考えて、そのなかでいちばんわかりやすいものを選ぶとよいでしょう。

 

◆中身では起承転結を意識する

本文の基本構成は以上の通りです。

さらに中身の展開としては、「起承転結」を意識してみてください。

これは、昔からよくいわれている話の運び方のコツです。

「起」とは話の導入部、「承」は「起」を受けて話が展開していく部分、「転」はそれまでの展開からは予想もしていなかった事件が起こる部分、「結」は話のまとめの部分です。

話が、このように起承転結でつながっていると全体のおさまりがよく、読む人も最期まで興味を失わず読み続けることができます。

本文全体で「起承転結」を展開するのが難しい場合でも、章内、節内でこの4つの流れをつくるだけで、文章はぐっと魅力的になります。

 

Ad

関連記事

no image

自分史の推敲のポイント

推敲は、原稿の内容をよりわかりやすくしたり、あるいは文章を読みやすくす...

記事を読む

no image

自分史の校正のポイント

校正は誤っている文字を訂正したり、表記を読みやすい形に改める作業です。...

記事を読む

no image

自分史の原稿を書き終えたらまず休息

書き始めてから原稿が完成するまでの時間は人によってまちまちでしょう。 ...

記事を読む

no image

自分史に限らず、文章の基本ルールを確認しておこう

文章を書く際には、守らなければならないいくつかの基本ルールがあります。...

記事を読む

no image

自分史の文章で大事なのは題材

実は、文章で何よりも大事なのは題材です。 人の興味をそそる題材で...

記事を読む

新着記事

no image

自分史の種類

一口に自分史といっても、実に様々なタイプのものがあります。 おも...

記事を読む

no image

自分史は日記に近い?

自分の歴史を語るというと「自叙伝」や「自伝」を思い浮かべるかもしれませ...

記事を読む

no image

自分史づくりで意外な事実が見つかることも

それから、自分史づくりには意外な効用もあります。 自分の人生を振...

記事を読む

no image

自分史の推敲のポイント

推敲は、原稿の内容をよりわかりやすくしたり、あるいは文章を読みやすくす...

記事を読む

no image

自分史の校正のポイント

校正は誤っている文字を訂正したり、表記を読みやすい形に改める作業です。...

記事を読む


Ad

  • ▼10年連続、50冊以上の出版を決めてきた▼
    本物のノウハウ!



    • 自分史の種類
    • 一口に自分史といっても、実に様々なタイプのものがあります。 おもなものを下に挙げておきました。 エッセイ風自分史 自分の体験や思い出をエッセイ風にまとめて自分史にしあげたもの。気軽に書けるのが利点 日記風自分史 「○月○ […]
    • 自分史は日記に近い?
    • 自分の歴史を語るというと「自叙伝」や「自伝」を思い浮かべるかもしれません。 これらは「自分史」とどう違うのでしょうか。   「自叙伝」「自伝」は通常、自分が人生で経験してきたこと、感じてきたことを人へ伝えたいと […]
    • 自分史の表紙のつくり方
    • 表紙は本の顔です。 表紙のタイトルを見れば、多くの場合どのような内容の本なのかがイメージできますし、そのデザインを見れば本をつくった人の人柄、嗜好、センスが伝わってきます。 それだけに表紙のデザインには十分に気を遣い、自 […]
    • 自分史づくりで意外な事実が見つかることも
    • それから、自分史づくりには意外な効用もあります。 自分の人生を振り返る過程では、記憶に頼るだけでなく、後で述べるように調べものをする必要がでてくるでしょう。 また、昔の知人に会って取材をしなければならなくなるかもしれませ […]
    • 自分史の推敲のポイント
    • 推敲は、原稿の内容をよりわかりやすくしたり、あるいは文章を読みやすくするために行います。   まず、最も重要なのは書いた文章が自分の伝えたいことをしっかりと表現しているかどうかという点です。 できれば、奥さんや […]
PAGE TOP ↑