編集プロダクション 書籍

About

*

自分史の製本

製本の方法には、「かがりとじ」「無線とじ」などいろいろありますが、はじめて挑戦する場合には「平とじ」がよいでしょう。

これは、1枚の紙の裏表に印刷した本文部分を表紙で挟み、背の部分をホチキスなどでとめる製本の仕方です。

この方法なら、定規とカッター、ホチキス、製本テープさえ用意すればすぐに製本ができます。

ただ、ページ数が多いとホチキスでとめるのは難しくなります。

その場合には、専用の糊で固め、製本機でとじることになります。

製本機はデザイン用具店などで販売しています。

安いものであれば1万円ぐらいからあります。

 

また、地域の公民館や市民センターのような場所で、無料もしくは安価な使用料で使える場合もあります。

「一冊しか製本をしないのに、製本機を買うのは不経済だ」という人は、近くの公共施設に問い合わせてみましょう。

 

Ad

関連記事

no image

自分史を印刷するための用紙

本文をプリントする用紙はプリント用紙やコピー用紙で構いませんが、紙の質...

記事を読む

no image

自分史の本文を印刷する

印刷の設定方法は表紙をプリントする場合と、本文をプリントする場合とで若...

記事を読む

no image

自分史の表紙を印刷する

表紙の印刷については、厚い紙を利用するため、プリンタの給紙口にひっかか...

記事を読む

no image

自分史用製本キット

最近では、簡単に製本ができる製本キットも販売されています。 なか...

記事を読む

新着記事

no image

自分史の種類

一口に自分史といっても、実に様々なタイプのものがあります。 おも...

記事を読む

no image

自分史は日記に近い?

自分の歴史を語るというと「自叙伝」や「自伝」を思い浮かべるかもしれませ...

記事を読む

no image

自分史づくりで意外な事実が見つかることも

それから、自分史づくりには意外な効用もあります。 自分の人生を振...

記事を読む

no image

自分史の推敲のポイント

推敲は、原稿の内容をよりわかりやすくしたり、あるいは文章を読みやすくす...

記事を読む

no image

自分史の校正のポイント

校正は誤っている文字を訂正したり、表記を読みやすい形に改める作業です。...

記事を読む


Ad

  • ▼10年連続、50冊以上の出版を決めてきた▼
    本物のノウハウ!



    • 自分史の種類
    • 一口に自分史といっても、実に様々なタイプのものがあります。 おもなものを下に挙げておきました。 エッセイ風自分史 自分の体験や思い出をエッセイ風にまとめて自分史にしあげたもの。気軽に書けるのが利点 日記風自分史 「○月○ […]
    • 自分史は日記に近い?
    • 自分の歴史を語るというと「自叙伝」や「自伝」を思い浮かべるかもしれません。 これらは「自分史」とどう違うのでしょうか。   「自叙伝」「自伝」は通常、自分が人生で経験してきたこと、感じてきたことを人へ伝えたいと […]
    • 自分史の表紙のつくり方
    • 表紙は本の顔です。 表紙のタイトルを見れば、多くの場合どのような内容の本なのかがイメージできますし、そのデザインを見れば本をつくった人の人柄、嗜好、センスが伝わってきます。 それだけに表紙のデザインには十分に気を遣い、自 […]
    • 自分史づくりで意外な事実が見つかることも
    • それから、自分史づくりには意外な効用もあります。 自分の人生を振り返る過程では、記憶に頼るだけでなく、後で述べるように調べものをする必要がでてくるでしょう。 また、昔の知人に会って取材をしなければならなくなるかもしれませ […]
    • 自分史の推敲のポイント
    • 推敲は、原稿の内容をよりわかりやすくしたり、あるいは文章を読みやすくするために行います。   まず、最も重要なのは書いた文章が自分の伝えたいことをしっかりと表現しているかどうかという点です。 できれば、奥さんや […]
PAGE TOP ↑