編集プロダクション 書籍

About

*

自分史を印刷するための用紙

本文をプリントする用紙はプリント用紙やコピー用紙で構いませんが、紙の質やデザインにこだわりがあるのであれば画材屋やデザイン用具店で気に入ったものを見つけて使ってもよいでしょう。

また、プリントする紙は本文と表紙で使い分けましょう。

表紙には本文の用紙に比べ、厚手のものを使います。

通常のプリント用紙やコピー用紙では薄すぎますし、表紙のデザインをよりよく見せるためにも、表紙用の紙は上記のような専門店で購入することをお勧めします。

 

表紙用紙の選択に迷ったときは、写真やイラストを用いる場合を考えて、フォトペーパーや光沢紙などとよばれる写真専用紙にしておくとよいでしょう。

なお紙を購入するときには、パソコンでレイアウトした原稿の用紙サイズと購入する用紙のサイズが同じかどうかを忘れずに確認するようにしてください。

用紙のサイズは、A3判の半分がA4判、A4判の半分がA5判と、番号が大きくなるにつれ半分ずつ小さくなっていきます。

 

また、A5判やB6判の用紙はあまり一般的ではありません。

そこで、これらのサイズの自分史をつくりたい場合には、入手しやすいA4版やB5版の用紙1枚に複数のページを印刷し、半分に折って製本するとよいでしょう。

 

また、四六判やAB判などは印刷後に断裁が必要となるので、A4判やB5判の用紙で対応できるA5判、B6判が自分史の本のサイズとしては妥当といえるでしょう。

Ad

関連記事

no image

自分史の本文を印刷する

印刷の設定方法は表紙をプリントする場合と、本文をプリントする場合とで若...

記事を読む

no image

自分史の表紙を印刷する

表紙の印刷については、厚い紙を利用するため、プリンタの給紙口にひっかか...

記事を読む

no image

自分史の製本

製本の方法には、「かがりとじ」「無線とじ」などいろいろありますが、はじ...

記事を読む

no image

自分史用製本キット

最近では、簡単に製本ができる製本キットも販売されています。 なか...

記事を読む

新着記事

no image

自分史の種類

一口に自分史といっても、実に様々なタイプのものがあります。 おも...

記事を読む

no image

自分史は日記に近い?

自分の歴史を語るというと「自叙伝」や「自伝」を思い浮かべるかもしれませ...

記事を読む

no image

自分史づくりで意外な事実が見つかることも

それから、自分史づくりには意外な効用もあります。 自分の人生を振...

記事を読む

no image

自分史の推敲のポイント

推敲は、原稿の内容をよりわかりやすくしたり、あるいは文章を読みやすくす...

記事を読む

no image

自分史の校正のポイント

校正は誤っている文字を訂正したり、表記を読みやすい形に改める作業です。...

記事を読む


Ad

  • ▼10年連続、50冊以上の出版を決めてきた▼
    本物のノウハウ!



    • 自分史の種類
    • 一口に自分史といっても、実に様々なタイプのものがあります。 おもなものを下に挙げておきました。 エッセイ風自分史 自分の体験や思い出をエッセイ風にまとめて自分史にしあげたもの。気軽に書けるのが利点 日記風自分史 「○月○ […]
    • 自分史は日記に近い?
    • 自分の歴史を語るというと「自叙伝」や「自伝」を思い浮かべるかもしれません。 これらは「自分史」とどう違うのでしょうか。   「自叙伝」「自伝」は通常、自分が人生で経験してきたこと、感じてきたことを人へ伝えたいと […]
    • 自分史の表紙のつくり方
    • 表紙は本の顔です。 表紙のタイトルを見れば、多くの場合どのような内容の本なのかがイメージできますし、そのデザインを見れば本をつくった人の人柄、嗜好、センスが伝わってきます。 それだけに表紙のデザインには十分に気を遣い、自 […]
    • 自分史づくりで意外な事実が見つかることも
    • それから、自分史づくりには意外な効用もあります。 自分の人生を振り返る過程では、記憶に頼るだけでなく、後で述べるように調べものをする必要がでてくるでしょう。 また、昔の知人に会って取材をしなければならなくなるかもしれませ […]
    • 自分史の推敲のポイント
    • 推敲は、原稿の内容をよりわかりやすくしたり、あるいは文章を読みやすくするために行います。   まず、最も重要なのは書いた文章が自分の伝えたいことをしっかりと表現しているかどうかという点です。 できれば、奥さんや […]
PAGE TOP ↑