編集プロダクション 書籍

About

*

自分史の推敲のポイント

推敲は、原稿の内容をよりわかりやすくしたり、あるいは文章を読みやすくするために行います。

 

まず、最も重要なのは書いた文章が自分の伝えたいことをしっかりと表現しているかどうかという点です。

できれば、奥さんやお子さん、ご友人などに原稿を読んでもらって、意味がよく分からない箇所を指摘してもらうのがよいでしょう。

もしそれが無理なようであれば、自分自身を第三者の立場に置いて、可能な限り中立的な視点から厳しくチェックするよう努めてください。

書いてからある程度間を置くことで、第三者の視点で読み直すことができるでしょう。

その際、表現が抽象的になっている部分は、できるだけ例を盛り込むなどして具体的にイメージできる文章にするよう心がけるとよいでしょう。

なお、自分の目でチェックをする場合には、神経を使いますので原稿を書いた後、十分な休息をとってから行うようにしてください。

また、先にも触れましたが長すぎる文章はわかりにくいものです。

短く分けられるところは、可能な限り短くするよう努めてください。

 

それから、話の時間軸にも注意をはらいましょう。

幼少時代のことを説明する文章が続いていたのに、いきなり何の説明もなく20年以上も話が飛び、会社員の頃の苦労話になってしまったら、読む人は混乱してしまいます。

必要があって、それまでの話の流れからは大きく隔たった年代の話をしなければならないような場合には、いつの頃の話なのかが明確にわかるようにしてください。

さらに、内容をより面白いものにするために、話が単調になっていないかどうかもチェックしてみてください。

もし、自分で読んでみて平板な印象を受けるようであれば、再度興味深いエピソードを探して盛り込んでみるとよいでしょう。

記憶を形にした原稿を読むことで改めて記憶が喚起されるので、それほど苦慮せずに新たなエピソードが思い出されるはずです。

 

また、章や節の出だしは、読み手が関心をもってくれそうな話題から始めるのも、人を引き付ける文章にするための一つのコツです。

Ad

関連記事

no image

自分史の校正のポイント

校正は誤っている文字を訂正したり、表記を読みやすい形に改める作業です。...

記事を読む

no image

自分史の原稿を書き終えたらまず休息

書き始めてから原稿が完成するまでの時間は人によってまちまちでしょう。 ...

記事を読む

no image

自分史に限らず、文章の基本ルールを確認しておこう

文章を書く際には、守らなければならないいくつかの基本ルールがあります。...

記事を読む

no image

自分史の文章で大事なのは題材

実は、文章で何よりも大事なのは題材です。 人の興味をそそる題材で...

記事を読む

新着記事

no image

自分史の種類

一口に自分史といっても、実に様々なタイプのものがあります。 おも...

記事を読む

no image

自分史は日記に近い?

自分の歴史を語るというと「自叙伝」や「自伝」を思い浮かべるかもしれませ...

記事を読む

no image

自分史づくりで意外な事実が見つかることも

それから、自分史づくりには意外な効用もあります。 自分の人生を振...

記事を読む

no image

自分史の校正のポイント

校正は誤っている文字を訂正したり、表記を読みやすい形に改める作業です。...

記事を読む


Ad

  • ▼10年連続、50冊以上の出版を決めてきた▼
    本物のノウハウ!



    • 自分史の種類
    • 一口に自分史といっても、実に様々なタイプのものがあります。 おもなものを下に挙げておきました。 エッセイ風自分史 自分の体験や思い出をエッセイ風にまとめて自分史にしあげたもの。気軽に書けるのが利点 日記風自分史 「○月○ […]
    • 自分史は日記に近い?
    • 自分の歴史を語るというと「自叙伝」や「自伝」を思い浮かべるかもしれません。 これらは「自分史」とどう違うのでしょうか。   「自叙伝」「自伝」は通常、自分が人生で経験してきたこと、感じてきたことを人へ伝えたいと […]
    • 自分史の表紙のつくり方
    • 表紙は本の顔です。 表紙のタイトルを見れば、多くの場合どのような内容の本なのかがイメージできますし、そのデザインを見れば本をつくった人の人柄、嗜好、センスが伝わってきます。 それだけに表紙のデザインには十分に気を遣い、自 […]
    • 自分史づくりで意外な事実が見つかることも
    • それから、自分史づくりには意外な効用もあります。 自分の人生を振り返る過程では、記憶に頼るだけでなく、後で述べるように調べものをする必要がでてくるでしょう。 また、昔の知人に会って取材をしなければならなくなるかもしれませ […]
    • 自分史の推敲のポイント
    • 推敲は、原稿の内容をよりわかりやすくしたり、あるいは文章を読みやすくするために行います。   まず、最も重要なのは書いた文章が自分の伝えたいことをしっかりと表現しているかどうかという点です。 できれば、奥さんや […]
PAGE TOP ↑